かなりのコスパ!リョービ(RYOBI)の電気丸ノコ(MW-46A)商品レビュー

リョービ(RYOBI)電気丸ノコ(MW-46A)
レビュー

リョービ(RYOBI)の電気丸ノコ(MW-46A)

 リョービ(RYOBI)の電気丸ノコ(MW-46A)は、当初の目的としては主にアカメなどの直径が10cm未満と比較的細い木の伐採用に購入しました。チェーンソーでもよかったのですが、今後のDIYを考えて板などの直線切りができる電気丸ノコを選びました(チェーンソーは用途が限られてしまうので)。

 



リョービ(RYOBI)の電気丸ノコ(MW-46A)商品レビュー詳細

使いやすさ:生木の伐採の場合

 これまで電動丸ノコは使ったことがありませんでしたが、ちょっと慣れれば何も問題ありません。重さも特に気になることは無いと思いますが、女性の場合は若干重く感じるかもしれません。特に長時間使用すると腕が疲れてしまうことはあると思います。

 ただ、生木の伐採に関しては垂直に切断する必要性は特にありませんんし、使い勝手は良好でした。

【追記】

アカメの伐採が終わってから、他の木(樫の木)の抜根作業を行うことになったのですが、その際には形状的な問題で丸ノコが根のカッティングには向かないことを思い知りました。

開かれた空間(幹が上に伸びた状態で、周りに遮るものが無い場合)では、生木の裁断にも丸鋸はおおいに有効です。ただ、根を切るとなると、丸ノコが収まる空間の確保のための穴を掘らなければいけませんし、障害物の影響で十分な大きさの穴を掘ることが出来ない場合もあります。そうなると、丸ノコでの根の切断はお手上げで、チェーンソーの出番となります。

使いやすさ:板などの垂直裁断

生木の裁断を行った後、予想通り、DIYにて家具を作る場面に直面しました。その際、40cm幅の板を裁断することになったのですが、結果は良好でした。特に問題なく、簡単に垂直裁断ができました。

価格

 コストパフォーマンスが良い商品だと思います。丸ノコとしては低価格で、他の商品と実際に比較する機会は現状ではありませんが満足しています。

切り込み深さについて

切り込み深さが46mm、まずまずです。少し価格が上がってくると57mm等もありましたが、幹を切る際には一度で切れなければ反対側からも刃を入れるだけですし、板の切断といっても、私の場合はそんなに分厚いものを切断する予定も今後はありませんので特に問題ありません。

まとめ

よい買い物をしました。近所のホームセンターよりも安く購入できましたし、使い勝手も良好です。今後もDIYの機会があればどんどん使用していきたいと思います。

ピックアップ記事

関連記事一覧